スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

代休

12月17日(月)

今日はみーさんは、土曜日の学習発表会の振替代休。
学童で一日保育です。

いつもならこういうときはお弁当ですが・・・

今日は映画を見に連れて行ってくれるらしく、
お昼も近くのレストランで食べさせてくれるらしく、

昨日、すっかり遊び倒したママとしては嬉しい限り。

映画は、ポケモンか妖怪人間ベムのどちらかを選んでみたらしく、
大多数がポケモンを見たそうですが、みーさんは妖怪人間を選択。

すごかった!

ということで、学童&保育園からの帰り道、
ソーヤにストーリーをかなり細かく話していたようですが、

ソーヤはわかったのかな?
スポンサーサイト
     

学童歓迎バーベキュー

4月21日(土)

今日は、学童の歓迎会としてのバーベキュー大会です。

本当は先週でしたが、雨のため、1週間延期になりました。


去年は歓迎される側でしたが、
今年はホストです。

2年生の保護者が中心となって、準備します。


野菜切り&調理担当だったので
同じく調理担当の2年生の保護者同士としか
ほとんど会話していないような感じでしたが、

子供たちは大はしゃぎ。

ソーヤもアカリーヌも、お姉ちゃんのお友達にもみくちゃにされながら
かわいがってもらい、

(おそらく)1年生も楽しんでくれたものと・・・


思っています。


それにしても、大きな鍋でのトン汁づくりは豪快で楽しかった~!
     

あこがれのブタめん

2月24日(金)

みーさんの学童では、金曜日のおやつは「100円おやつ」といって

100円もらって、近所の駄菓子屋さんに好きなものを買いに行きます。

前にも書いたかもしれないけれど、100円おやつには段階があって、
まず1年生ははじめは紙のお金で、学童の中で練習をします。
ちゃんとできるようになったら(1、2ヶ月後)、やっと駄菓子屋デビューをします。


で、次のステップは、この「ブタめん」らしいです。

ブタめんはいわゆる子供版カップラーメン。

ちゃんとお湯を入れて、こぼさずに食べれそうになるまで
解禁にならないそうです。

ということで、ずーっとみーさんの憧れでした。


ついに、今日、解禁になったそうです。

たかがブタめんですが、みーさん、すごく興奮して
報告してくれました。

とーってもおいしかったのだそうです。

みーさん、また一歩、大人の階段をのぼりました(笑)
     

学童チョコ作り

2月6日(月)

今日、みーさんは学童でチョコを作ってきました。
もうすぐバレンタインだからです。

学童って、こんなこともしてくれるんだね。


チョコを削って溶かして型に入れて固め、上にトッピングしてデコったもの。

もちろん男の子も作るし、人数も多いので、ひとりあたりの数は少ないけど、先生も大変だっただろうなあ。


みーさんは作ってきたチョコを、感謝を込めてということで、

パパ



ママ

に、プレゼントしてくれました。

甘くて、美味しくて、
気持ちもとろけました。
     

学童研究集会

1月29日(日)

学童保育には、年に一度指導員や保護者が参加する研究集会というのがあります。

横浜市では、横浜市の研究集会と神奈川県の研究集会が開催されます。

参加は任意なのですが、我が学童は何だか教育熱心で、
一、ニ年生の保護者はいずれかに参加する義務を課せられています。

ということで、ママは今日、同じ学童のママ友さんたちと連れ立って、
横浜市の研究集会に参加してきました。
午前中が全体の講演会で、午後は分科会に分かれます。
分科会の一つが託児室になっていて、みーさんはそちらに参加。
ソーヤとアカリーヌはパパとお留守番です。

全体の講演会は二本立てでしたが、そのうちの一つは、
東北の大震災のときの学童の対応のお話でした。

被災した日、学童が食糧の面でも精神的な面でも、
子供だけでなく、大人にとっても、大きな支えの場所になったということ。
被災した日、とても寒くて、避難場所となった学校では、みんなカーテンを外して
それを巻いて寒さをしのいだこと。
でも、海に近い学校では、カーテンを外すことは出来なかったこと。
カーテンをぴっちりと閉め、外に打ち寄せられてきた多くの遺体を子供たちの目に
入れないようにしたこと。

一つ一つ、聞いているだけで涙が出てきました。
そして、改めて震災の被害の大きさを感じ
もし自分の身に起こった場合、子供をどう守っていくのか、
ということを真剣に考えずにはいられませんでした。

午前の講演のインパクトが大きすぎて、午後の分科会はイマイチでしたが、
みーさんは午後はペットボトルロケットを作って、
会場となった高校の校庭で飛ばしていたそうです。
みーさんはその中でもとびきり高く飛ばせたそうで、
そういえば、ママの分科会の教室のは3階でしたが、
窓の外でなにやら飛んでいたのが見えていたけど、それだったのかな。

一日がかりの研究集会でした。
学童保育に限ったことではなく、子供たちは親だけが育てているのではないこと、
学童や学校を初め、地域で育てているんだということ、
その中での学童の存在の意味や、親としての責任など、
いろんなことを考えさせられました。

今は毎日、3人の子供たちに振り回されてアップアップだけど、
こうやって落ち着いて考える時間をもらったことは、良かったかな。

みーさんは、久しぶりにママと二人でのお出かけとなって、嬉しそうでした。

プロフィール

こぶたまま

Author:こぶたまま
こんにちくわ!育児に仕事に家事に大忙しのこぶたままのブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。